きのこ狩りツアー潜入レポート


はじめに

半年前に、いちご狩りツアーに参加した。

いちご狩りに引き続き、◯◯狩りに行ってみたいと思っていたので、果物とはジャンルを変えて、きのこ狩りに行ってみることにした。

育てられてるやつを採るのではなく天然のきのこを採りたい。ネットで調べてみた感じで、ここなら本格的なきのこ狩りができそうだったので、早速申し込んでみた。
きのこ狩りハイキング|長野県、黒姫、妙高できのこ狩りハイキング|サンデープラニング

目次

  • 出発
  • 長野駅
  • 黒姫駅
  • きのこ狩り準備
  • 参加者集合
  • 山へ
  • 山歩き開始
  • 初きのこ
  • さらに見つかるきのこ達
  • 昼休憩
  • きのこの探し方
  • きのこ爆発
  • 帰りの車中
  • LAMPにて
  • きのこ仕分け
  • 食事まで自由時間
  • きのこづくしディナー
  • 朝ごはん
  • 帰り



出発

上野駅からの始発の新幹線で黒姫駅へ行けば迎えに来てくれるというプランなので、早朝に起きて上野駅に行き、自動券売機で新幹線の切符を購入した。指定席を見て空いていたので自由席を買ってしまったけど、乗ろうとしているかがやきは全席指定であった。いきなりつまづきで始まったが、駅中のみどりの窓口で指定席に変更してもらう。320円か。どの席がいいか聞かれなかったのが腑に落ちなかった。

f:id:knj4484:20171101061045j:plain
上野駅は普段在来線しか使わないので新幹線のホームに行くのは初めてだったが、かなり深い。
f:id:knj4484:20171101062030j:plain
いつも乗る東海道新幹線もかっこいいけど、これもかっこいい。
f:id:knj4484:20171101062239j:plain
平日のせいか新幹線は空いていた。枕の高さが調整できるのが新鮮だ。しかも各席からコンセントが使えて、iPhoneの充電が出来たので便利だなと思った。

朝ごはんを食べたりネットを見たりしているうちに長野に着いた。

長野駅

f:id:knj4484:20171101073843j:plain
さあ、しなの鉄道への乗り換えだ。急げ。JRからしなの鉄道への直通の乗り換え口がある。

f:id:knj4484:20171101073929j:plain
JRの切符を改札に入れてそのまま通っちゃったけど、Suicaをピッとしなければいけなかった気がした。後で面倒なことにならないよう祈った。さて、席には座れたが、出発時間になると満席かつ立ってる客も多い。よく考えてみると、しなの鉄道と言えば、先日軽井沢で乗ったのと同じ電車だ。

f:id:knj4484:20171101074312j:plain
電車は定刻通り出発し、しばらく外を眺めていると、長野駅周辺は田舎ではなく普通の郊外の街の雰囲気だ。しかしこの路線はローカル線なのに英語のアナウンスが充実しているなぁ。

隣駅の北長野に着くと結構な人が降りた。何があるんだろう?次の三才駅ではいっぱい降りていっぱい乗って来た。主に高校生かな。

f:id:knj4484:20171101081213j:plain
牟礼駅で高校生が全員降り、客はまばらになった。

f:id:knj4484:20171101081507j:plain
車窓の景色も山の雰囲気になった。川の流れが速い。線路も結構登りが続いている。

黒姫駅

f:id:knj4484:20171101082212j:plain
とうとう目的地の黒姫駅に着いた。

f:id:knj4484:20171101082419j:plain
迎えが来るまで時間があるので、ひとまずトイレに入った。山の中にトイレはないので大きい方も頑張って出した。

一息ついて改札に向かい、長野からの640円を窓口で払った。Suicaはタッチしなくて良かったようだ。まだ迎えが来るまで時間があるので、自販機で水を買って中で待った。中は蕎麦屋と販売コーナーがあって地元の野菜が置いてある。

f:id:knj4484:20171102104038j:plain
緑のトマトが売っていのが面白い。

きのこ狩り準備

迎えが来て、車で5分ぐらい走ってゲストハウスLAMPに到着した。

f:id:knj4484:20171101092733j:plain
中に入って、まずは参加書類の記入をした。

f:id:knj4484:20171101085831j:plain
表面は連絡先などの項目、裏面は健康状態に関するアンケートになっている。両面に記入・署名して受付に持って行き、内容を見てもらって、宿泊費と食費、レンタル料金を確認して支払いをした。若い人が運営しているせいか会計にタブレットを使っていて分かりやすいなと思った。

f:id:knj4484:20171101091032j:plain
食堂でレンタルのレインウェアを着込んだ。

f:id:knj4484:20171101091003j:plain
普段は赤なんて絶対選ばないがここは自分の趣味で選べなくてもまあ仕方ないだろう。もし選べてたら水色とか黄色にしていたと思う。

f:id:knj4484:20171101092242j:plain
レンタルする長靴は大人向けサイズは一通り揃っていた。普段の靴は26.5だけど長靴はブカブカだなと思って、26にした。思えば、これが間違いだったかもしれない。

f:id:knj4484:20171101092440j:plain
軍手は手作りの温もりが感じられて良い。

f:id:knj4484:20171101092506j:plain
魚籠(びく)は色々なタイプがあって迷ったけど、欲張りなので大きめのやつを選んだ。これを満タンにできたらいいな。

参加者集合

ウッドデッキに一旦集合し、ガイドさんからの山での注意と参加者一同の自己紹介をした。今日のきのこ狩りは、ガイドがヨシさん、参加者は長野から三人、埼玉から二人、東京一人、千葉一人の計7人だ。全員点呼をするのは時間がかかるから二人組みのバディ単位で点呼をすることにしているとのこと。今回はバディ名を鳥の名前にすることになったので、キーウィにした。ドードーでも良かったがどうでもいいか。全員集合の場合は笛を吹くので集まって下さいとのこと。

山へ

f:id:knj4484:20171101094455j:plain
参加者全員ハイエースに乗り込んで出発した。5分ぐらいでコンビニとトイレに到着した。

f:id:knj4484:20171101095345j:plain
f:id:knj4484:20171101095107j:plain
他の人たちは何か買っているようだったけど、買うものは特にないのでトイレだけ済ました。再び車に乗って、クネクネと山道を登って行った。一旦新潟県に入ったり、変な橋があったりして道中も飽きない。

山歩き開始

f:id:knj4484:20171101100921j:plain
なんか中途半端なところに車を止めて、降ろされた。ちょっと歩いてから山に入るらしい。ここで助手席に座っていたもう一人のスタッフさんの自己紹介。なんとヨシさんの息子だと!親子だったんかい!最初にそれを言いたまえ。言われてみれば顔が似ていなくもない。

高速道路がすごい高いところに架かってるなぁと思いながら歩き始めると、その高速をくぐることになった。
f:id:knj4484:20171101101325j:plain
ガイドさんのつけてる鈴の音がでかい。チンチンうるさいわ。高速道路をくぐってちょっと進んだところで「ここから入ります」って言われた。「はい?ここから?」という感じの登山口でも何でもないところからスタート。

f:id:knj4484:20171101101654j:plain
薮だなーと思って掻き分け掻き分け歩いていると、いきなり息子ガイドさんがキノコを発見したようだ。

初きのこ

息子ガイドさんのところに行ってみると、倒木にくっついている見たことのないグニャグニャの物体を指して、猫タンと言っている。

f:id:knj4484:20171104114026j:plain
裏が猫の舌に似ているから猫タンと呼んでいるとのこと。正式名称はニカワハリタケ。ぐにょっと引っこ抜いて魚籠に入れておく。

f:id:knj4484:20171101101816j:plain
自分で山の中で見かけても絶対食べる気しないよ、これは。味が楽しみだ。

さらに見つかるきのこ達

f:id:knj4484:20171101102106j:plain
次はキノコと言われて素直に思い浮かぶ、きのこの山のきのこみたいなやつが見つかった。こやつはクリタケというそうだ。

f:id:knj4484:20171101102252j:plain
これは根元からそっと取る。

f:id:knj4484:20171104115124j:plain
これぐらいの大きさだ。でかい、でかい。

f:id:knj4484:20171104135808j:plain
これはムキタケ。ムキタケは半円形で軸が片側に付いていて、ナラとかブナの広葉樹に付いてる事が多く、毒キノコのツキヨタケに似ているそうだ。

新しいのが見つかる度にガイドさんが色々説明してくれるので勉強になる。

f:id:knj4484:20171105110438j:plain
これはチャナメツムタケ。軸のところがフカフカ毛羽立っているのが特徴。チャナメ、シロナメ、キナメがツムタケ三兄弟だそうだ。

この辺で長靴の中で靴下が爪先まで脱げてしまってムズムズしていた。長靴のサイズはいつも通りにすべきだったかもしれない。というより短い靴下だったのが根本問題か。

f:id:knj4484:20171101104503j:plain
これはスギエダタケ。食べられるけど、美味しくないので、食糧難の時にはどうぞと言って、捨てていた。正直、不味くていいから味見してみたかった。

f:id:knj4484:20171104140901j:plain
これはキヌメリガサ。あまり取れなかったレアきのこ。

昼休憩

12時を過ぎたぐらいに、昼ごはん休憩になった。この辺は使われなくなった昔の林道のようだ。座りやすそうなところを見つけて、LAMPでもらった昼ごはんのおにぎりと唐揚げを食べた。おにぎりの具は何かよくわからなかったけど、珍しい具で美味しかった。唐揚げは普通かな。食べるものを食べたら、出るものが出る。山の中にトイレはないので、適当にその辺で用を足した。


f:id:knj4484:20171101110818j:plain
たまに立ってる木にきのこがいい感じで生えていると、ガイドさんが高枝切りで切ってそれをキャッチすることになる。

f:id:knj4484:20171101110913j:plain
木に蔓がぐるぐる巻きになってたりする。絞め殺しそう。

f:id:knj4484:20171104164247j:plain
息子ガイドさんが玉キクラゲを見つけた。美味しそう。

f:id:knj4484:20171104141910j:plain
なめこの大群が見つかった。一本の木になめこがてんこ盛りに生えている。

f:id:knj4484:20171101112039j:plain
なめこは、木の皮を剥がさないために、ナイフで切って取る。剥がしてしまうと次が育たないらしい。

f:id:knj4484:20171101114025j:plain
枯葉の落ちていた地面から様子が変わってシダの生い茂った土地になったりする。

f:id:knj4484:20171104141553j:plain
これはホコリタケ。傘を押すと中から胞子の煙が出てくる。若いうちは、中を割ると白く、食べると美味しいそうだ。

だんだん腰につけている魚籠が歩きの邪魔になってきた。欲張って大きい魚籠を選んだのがよくなかったかもしれない。

f:id:knj4484:20171104143042j:plain
これはハナイグチ。長野の人はジコボウと呼ぶそうだ。カラマツ林の下によく生えていて、裏がフカフカの黄色いスポンジみたいになってるのが特徴だそうだ。

きのこの探し方

枯れてる木とか倒木に生えていると序盤で教えてもらって重点的に見ているが、自分で探すのは結構難しい。なかなか見つからない。なんだかんだでガイドさんが見つけてくれたきのこを取ることが多い。

f:id:knj4484:20171104144209j:plain
これはシロナメツムタケ。ツムタケ三兄弟の一人。

今日通る場所で一番高い部分に着いて、そこから尾根に沿って下って行く。下りはペースが早くてあんまりきのこを探せなかった。どっちにしろ集中力がそんなに残っていないか。

f:id:knj4484:20171101132648j:plain
これはヌメリスギタケ。ヌメリスギタケモドキもあるけど、ツカに滑りがあるのがヌメリスギタケ。毒キノコのモエギタケに似ているので注意だそうだ。

毒きのこといえば、まだら模様とか水玉模様の毒きのこも見てみたかったので息子ガイドさんに聞いてみたところ、見た目がいかにも毒ありそうなきのこはこの時期にはなく、九月なら見かけるらしい。

f:id:knj4484:20171101121138j:plain
でっかいクリタケをゲットしたぜ!

f:id:knj4484:20171101130641j:plain
またナメコの大群が現れた!大漁大漁!

そして、とうとう毒キノコに出会った。
f:id:knj4484:20171101140030j:plain
見つかった毒キノコは、猛毒なのに純白で可憐なキノコだった。コタマゴテングタケかなって言ってた。

きのこ爆発

最後のエリアに差し掛かると、息子ガイドさんが爆発を発見したと言っているのが聞こえたので行ってみると、確かに爆発している。
f:id:knj4484:20171101145716j:plain
今日見た中では一番立派な株だ。

f:id:knj4484:20171101145840j:plain
みんなで写真を撮ってから、株をごっそりと抜く。すごいボリュームだ。

f:id:knj4484:20171101150508j:plain
とうとう出発地点の道路まで戻って来た。魚籠もいつの間にか重たくなっていた。

帰りの車中

f:id:knj4484:20171101150955j:plain
車に乗って魚籠の中を確認してみるとこの通り沢山採れた。多分他の人も同じぐらい採れている。一食ではとても食べきれない量だ。

ガイドさんに「今日の収穫は平均と比べてどうですか」と聞いてみたら、種類も量も多くて当たりだと言われた。嬉しい。日によっては、一種類だけで魚籠が一杯になっちゃうこともあるとのこと。

f:id:knj4484:20171101151802j:plain

逆に今日取れてもいいはずなのに取れなかったやつを聞いてみると、紫なんとかは今の時期だけど取れなかったらしい。紫なんて珍しいので、すごく見たいなと思った。紫の食べ物は割と珍しいと思うけど、食べ物として最も珍しい色は青だと思うので、青いきのこはあるか聞いてみると、ソライロタケというのがあるけど見たことないとのこと。(この図鑑の表紙の左下のきのこ。これ見つけたら舞茸より舞い上がっちゃうだろうなぁ)

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

増補改訂新版 日本のきのこ (山溪カラー名鑑)

  • 作者: 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄,保坂健太郎・細矢剛・長澤栄史,青木孝之・内田正宏・前川二太郎・吉見昭一・横山和正,伊沢正名・木原浩・菅原光二・水野仲彦
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2011/12/16
  • メディア: 大型本
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

LAMPにて

f:id:knj4484:20171101152251j:plain
帰って来たら、まずは長靴を洗う。そんなに汚れてないので水をかけて適当にこすって終わりにした。長靴を普通の靴に履き替えるとすぐにウッドデッキできのこの仕分けが始まった。

きのこ仕分け

f:id:knj4484:20171101152334j:plain
仕分けは、まずテーブルに敷いた新聞の上に、魚籠をひっくり返してみんな混ぜちゃう。

f:id:knj4484:20171101152546j:plain
それから、種類の明らかなやつをみんなで分類して行く。

f:id:knj4484:20171101153011j:plain
種類を全然覚えてなかった役立たずの自分は、葉っぱをよける役をやっていた。

f:id:knj4484:20171101153623j:plain
仕分けが終わったら、石付きを切り落とす作業をみんなでやって準備は完了。

食事まで自由時間

ここから食事の時間までは解散して自由時間になった。車のある人は温泉に行ける。LAMPから来たというと200円引きしてくれる温泉もあるとのこと。今回は車できてないので、野尻湖を散策することにした。湖の周りは別荘も並んでいて、気持ちのいい所だ。

f:id:knj4484:20171101161950j:plain
マンホールがナウマン象の柄になっているのも面白い。外人も散歩していて、コンニチワと挨拶された。

散策から戻るとガイドさんがウッドデッキできのこの本を見ながら今日取れたけど何か分からなかったやつを調べていた。こういう日々の勉強があってこそ安全なきのこ狩りができるというものだ。感謝!

きのこづくしディナー

食堂に行くと可愛いメニュー看板が出ていた。
f:id:knj4484:20171101175754j:plain
鍋の出汁が沸騰するまでの時間を使って、息子ガイドさんが採れたきのこの種類を復習しつつメニューを説明してくれた。

f:id:knj4484:20171101180001j:plain
鍋の味は、色々試したけど、しょっつるが一番とのこと。

鍋の食べ方は、出汁が沸騰したら材料全種類の半分を入れ、再び沸騰させてから10分待って第一弾が完成。

f:id:knj4484:20171101183238j:plain
同様に残りの半分で第二弾を作ると、今度はきのこの出汁ととろみがスープに溶け出して第一弾とは違った味わいになる。

f:id:knj4484:20171101192300j:plain
最後に残った汁に炊き込みきのこご飯を投入して雑炊で〆る。最近ダイエットしていてご飯は控えるはずだったのに、思わず雑炊を沢山食べてしまった。

f:id:knj4484:20171101180052j:plain
小皿も美味しかった。猫タンはもう少し生に近い形で食べてみたかった。なめこおろし和えは、味付けは普通なんだけど、なめこが大きいのでトロンとした舌触りがすごくいい。チャナメツムタケのピリ辛炒めは、きのこの風味と辛さと油のハーモニーが素晴らしい。クリーム煮は見た目よりもクリームが薄くてきのこの風味がちゃんと感じられエストラゴンというハーブの香りが良かった。

メンチカツも、地元のどこかのお店の人気メニューだそうで、とてもジューシーで美味しかった。

朝ごはん

翌朝の朝ごはんは7:30からと聞いていたので7:30に行ってみたら、「今から準備なんです〜ごめんなさい!お急ぎでしたか?」と言われた。店員さんが可愛かったのでまあ良しとして8:00に出直した。

f:id:knj4484:20171102080212j:plain
朝ごはんはビュッフェ形式で、スープとパンとルバーブジャム、バター、ソーセージ、スクランブルエッグ、野菜、ヨーグルト、果物、そしてオレンジジュース、牛乳、コーヒーが用意されていた。

f:id:knj4484:20171102081016j:plain
スープがめっちゃ熱いけど、なんかハーブが効いていてうまい。三杯飲んでしまった。ルバーブジャムというのも普段食べないが、これもうまい。ジュースと牛乳が普通なのはまあ仕方ないだろう。野菜は名前が分からない珍しいものを食べられたので満足した。

帰り

帰りは車で駅まで送ってもらえるか出かける時に確認したら、その時点で9:15黒姫発を逃してしまっていて、次の10:54黒姫発になってしまった。その時間ぐらいに駅に着くように送ってくれると言われたけど、歩いて駅まで行くことにした。店員さんが親切に駅までの道を教えてくれた。

f:id:knj4484:20171102093813j:plain
時間がもったいなかった気もするが、途中の池で良い景色を見ることが出来た。

f:id:knj4484:20171102095430j:plain
車だったらこんな景色見れなかっただろう。

黒姫駅からしなの鉄道と新幹線を乗り継いで東京まで戻った。
f:id:knj4484:20171102153749j:plain
最後に新幹線の写真がかっこよく取れて感動した。

まとめ

今回、きのこ狩りに初めて行ってみたが、とても楽しかった。今度は九月ぐらいに行きたい。漫画に出てくるような毒キノコが見れたら最高だ。いつかヨーロッパのきのこ狩りにも行ってみたい。日本と全然違う種類のきのこをたくさん食べれると思う。

では、皆さんも良い旅を!

トンネルを歩いて軽井沢に行くと達成感がある



ちょっと遠くの方まで山歩きをしに行ってみるかと思い立って、峠の釜飯で有名な横川駅から軽井沢まで歩いてみることにした。

出発

朝5:30ぐらいに起きて出かけた。乗り継ぎが良くて赤羽に早めに着いた。キオスクで懐かしチェルシーを見つけて懐かしくなってつい買ってしまった。ヨーグルト味とバター味があって迷ったけどバター味を買った。箱を見てみると、チェルシーのURLが何故か chelsea-agetai.jp なのが面白い。

高崎までは予定より一本早いのに乗れて、乗り換えなしで高崎まで行けることになった。どっち側に座るべきか考えていたが、意外と混んでいて座れない。前に参加したバスツアーの集合場所のさいたま新都心を通って少し懐かしかった。

高崎駅の乗り換え時間にトイレに行ったら、まだ朝早いのに、女子トイレは並んでいて驚いた。横川駅行きに乗って、朝ごはんのおにぎりを食べた。明太子入りの野沢菜で巻いたおにぎりが美味しかった。

電車は山あいをどんどん登って行き、目的地の横川駅に着いた。
f:id:knj4484:20170624095640j:plain

横川駅にて

f:id:knj4484:20170624095914j:plain

改札の横に釜飯屋があるけど、メニューの看板は何故か釜飯が載っていない。ここまで来て釜飯買えないのかと一瞬悲しくなったけど、店員さんに聞いてみると釜飯はちゃんと売っていて、一個1000円で購入した。
f:id:knj4484:20170624095951j:plain

駅の中から見ると、線路はここまででどん詰まりのようだ。うん、遠くまで来たなぁ。
f:id:knj4484:20170624100014j:plain

改札を出て駅内を見回してみると、運賃の図には山手線の丸が小さく描かれている。かわいい。山手線内は料金同じというのもびっくりした。
f:id:knj4484:20170624100312j:plain

駅を出て左に行くと垂直の崖が見えてすごい。
f:id:knj4484:20170624100639j:plain

地面を見るとレールがまだ続いていて、施設の中に続いて行く。
f:id:knj4484:20170624100811j:plain
この施設は、碓氷峠鉄道文化むらというらしい。

看板の左にある装置を見てみると、TOUCHと書かれているが、を触っても何も反応しなかった。意味が分からないけど下の何か被せてあるところが反応する仕組みだったのかもしれない。
f:id:knj4484:20170624100912j:plain

散策スタート

散策路の地図を写真に撮って出発した。
f:id:knj4484:20170624101111j:plain
f:id:knj4484:20170624101127j:plain



タイミングよく貨物列車も動き出した。かっこいい。
f:id:knj4484:20170624101704j:plain

並木道と古民家のようなお店がある。気持ちの良い道だ。
f:id:knj4484:20170624101807j:plain

日差しが強くなってきたのでここら辺でタオルを被る。

進んで行くと左手はレトロな電車が並んでいる。絶好の撮影スポットだなぁ。
f:id:knj4484:20170624102411j:plain

関所への看板が出ていたので見に行ってみよう。
f:id:knj4484:20170624102842j:plain

関所自体は見ごたえのあるものではなかった。ただ、ちょうど何かテレビのロケをしていたのが気になった。
f:id:knj4484:20170624102538j:plain

再び元の道に戻って、レール跡を歩く。
f:id:knj4484:20170624103150j:plain

所々、横から水が流れてきているところがある。
f:id:knj4484:20170624103536j:plain

観光客が載った列車が走ってきた。なんか楽しげだ。
f:id:knj4484:20170624104224j:plain

大きな吊橋が見えてきた。
f:id:knj4484:20170624104459j:plain

下から見ると本当にデカい。
f:id:knj4484:20170624104757j:plain

しばらく行くとレンガ造りの建物が見えて来た。
f:id:knj4484:20170624105453j:plain

ここは丸山。
f:id:knj4484:20170624105839j:plain

昔の変電所だ。
f:id:knj4484:20170624110127j:plain
看板のうんちくを読んでみると、「充電中は室内に水素と有害物質の硫酸雲霧が大量に発生するため、窓・引き戸などは通風に適するよう工夫されていました」とある。毒垂れ流しだよ、今なら許されないだろ。

電柱がカラフルな縞模様になっているのが気になった。
f:id:knj4484:20170624143852j:plain

この辺は楓が道沿いに生えているけど、周りの自然に溶け込んでないので後から散策路になってから植えられたんだなと思った。


しばらく行くと、川が流れていた。
f:id:knj4484:20170624110937j:plain


橋の袂に掲げられた説明を読んで見ると、昔読んだ小説「人間の証明」に出てくる霧積はこの辺と書いてある。
f:id:knj4484:20170624111019j:plain

印象に残っていた場所なので実際に近くに来て見て、もう一度本を読み直してみたくなった。

人間の証明 (角川文庫)

人間の証明 (角川文庫)

レール跡を歩いて行くのは行き止まりになり、左によけて進む。
f:id:knj4484:20170624111806j:plain
左上の建物は別荘かと思ったけど、突き当たりに温泉施設と公衆トイレという看板があったので、登ってトイレで用を足した。
f:id:knj4484:20170624111825j:plain

トイレにも小さい庭があっておしゃれ。
f:id:knj4484:20170624112235j:plain

散策マップを見直して見ると、ここから中山道の坂本宿が近いようなので行ってみることにした。地図が大まかすぎて方向が分からないのでヤフー地図で確認して出発。

この施設は池と周りの花や植え込みが綺麗だ。
f:id:knj4484:20170624112806j:plain

坂を下りて行くと、小川が流れていて、お兄さんたちが電線で何かの準備をしていた。

道路の横に地元の人達が書いた絵がかけられていた。さっき見た関所跡の絵などがある。

坂本宿は宿場の名残はあまりなく、見所の宿屋も今は普通の民家のように見える。わざわざコースを外れてくるものでもなかったかなと思った。

「西 京へ百二里」「東 江戸へ五十四里」という石碑があり、一里は約4キロ、歩いて一時間なので、昔の人はここまで二、三日かけて来たのだななどと考えてみるとなかなか面白い。
f:id:knj4484:20170624113810j:plain

途中で桑の実がなっていたので食べた。
f:id:knj4484:20170624114134j:plain

早々に温泉施設に戻る。
f:id:knj4484:20170624114532j:plain

温泉施設のアーチ部分がちゃんと歩けるようになっていて面白い。
f:id:knj4484:20170624114803j:plain

施設の中に入ってみると、お土産コーナーもあって、わさびチーズが気になったけど買わなかった。

散策路に戻って散策マップの看板があったのでもう一度確認。駅で散策マップを貰ってくれば良かったなー。

トンネルの手前に力持ちの看板が出ていたので、お店を見るために脇を登ってみた。
f:id:knj4484:20170624115500j:plain

普通の店構えのお店がある。
f:id:knj4484:20170624115605j:plain

ここでスマホを使って力餅の評判を見てみると、力餅の店がもう一軒あるけどそっちは今日通る所から遠いのでこの店で食べて見ることにした。お店に入ると客は誰もいなくて、気配を察して店員さんが出て来た。外観は普通だけど、店内に熊とかキジとかの剥製が飾ってある。力餅一皿注文して窓際の真ん中の席に着いた。力餅が出て来てサービスでお茶も付いていた。
f:id:knj4484:20170624120423j:plain

お茶がうまい。力餅は、ふわふわしていて、餅部分より周りの餡の部分の方が多い。これも優しい味でうまい。

ちょっと休憩して元の道に戻った。

第一隧道。
f:id:knj4484:20170624121547j:plain

手前に詩人のうんちくを書いてある石碑を読んでトンネルに入った。
f:id:knj4484:20170624121706j:plain
トンネルの中は涼しくて気持ちい。そしてかっこいい。
f:id:knj4484:20170624121807j:plain

トンネルを抜けた所の景色が素晴らしい。
f:id:knj4484:20170624121941j:plain

第二隧道。
f:id:knj4484:20170624122542j:plain

中に入るとさっきとは違った雰囲気で面白い。
f:id:knj4484:20170624122644j:plain
なぜか床の穴を電気で照らしているのが気になった。
f:id:knj4484:20170624122750j:plain

トンネルを抜けた所で左手にダム湖が見えて、降りていけるようになっている。歩いてる人はほとんどいないけど、車で来てる人はそこそこいた。
f:id:knj4484:20170624122956j:plain

湖畔の東屋で昼ごはんの釜飯を食べることにした。
f:id:knj4484:20170624123622j:plain
先に東屋にいた人に、どこまで行くのと尋ねられ、軽井沢までと答えると、驚いていたけど、アドバイスもくれた。車道に出ると道がクネクネしてるし車も飛ばすから気をつけてとか峠を越えると軽井沢の手前に昔の駅があるよとか。
f:id:knj4484:20170624123933j:plain
釜飯はすごく久しぶりだけど、鶏肉とかごぼうとかうまいなぁ。

昼ごはんを食べ終わって、トイレで用を足してダム湖を一周して見ることにした。再び日差しが出て来たのでタオルを被る。ハリーポッターやスターウォーズでこういうダークサイドのキャラいるよなと思いつつ、

階段を登ってダムの堤防から放流する側を見て見るとすごい高さだ。照明の設備もダークサイド感がある。
f:id:knj4484:20170624131058j:plain

見える景色もダークサイド感があるのでダークサイド写真を撮ってみた。

湖入り口から見えた赤い橋を渡ると、トンネルがあって、名付け親の中学二年の人の名前が書いてあった。出口には別の名付け親の名前が書いてあって訳が分からなくなった。
f:id:knj4484:20170624132036j:plain

次の橋を渡る手前でタオルを被ったおじさんが釣りをしていた。あの人はダークサイドではないな。じゃあ何サイドなのか。レイクサイドか。いや、そういうことじゃない。

元の道に戻って、第三隧道を抜ける。
f:id:knj4484:20170624134016j:plain

めがね橋を下から見るためにここから国道に降りる。車通りが結構あって歩道がないからちょっと危ない。
f:id:knj4484:20170624134751j:plain

しばらく行くとめがね橋の駐車場があって、めがね橋がどーんと見えて来た。
f:id:knj4484:20170624134911j:plain

デカい。
f:id:knj4484:20170624135606j:plain
iPhoneのカメラで撮っても迫力が伝わらない。

橋をくぐって登り口に行くと涼しい。
f:id:knj4484:20170624135936j:plain

クマ注意の看板がうるさいぐらい出てくるけど、クマの気配も感じられない。かなり急な階段を登ってめがね橋の上に着いた。半分まで渡って下を覗いて見ると相当高い。
f:id:knj4484:20170624140220j:plain

橋桁の脇だけ植生が違うので後から植えたんだろうなと思った。下でドローンを飛ばして撮影している人がいるのでダークサイドやらないとと思って慌ててタオルを被った。

第六隧道がかなり長くて
f:id:knj4484:20170624140748j:plain
長い。
f:id:knj4484:20170624141029j:plain
途中で脇に穴が開いている。
f:id:knj4484:20170624141327j:plain
ラピュタでパズーとシータがこういう小さい穴を通り抜けるシーンあったよなと思った。

ここからは細かいトンネルを第十隧道まで抜けて、散策路に書かれている折り返し地点の駅に到着した。
f:id:knj4484:20170624142924j:plain

電線も残っていて今までと違った廃墟感がある。
f:id:knj4484:20170624143222j:plain

ここまで楽しんで来たけど、ここからがこの旅の本番だ。

峠に向けて

階段を降りて車道に出ると碓氷峠まで7キロとある。
f:id:knj4484:20170624144203j:plain

思ったより峠が遠い。ちょっと焦る。
f:id:knj4484:20170624144613j:plain

カーブの番号が振ってあるのが面白い。カーブ番号100まで行くかなとか言ってたけどあっという間に100は超えてしまった。
f:id:knj4484:20170624150855j:plain

軽井沢まで9キロとなると平地でも二時間はかかる。
f:id:knj4484:20170624152301j:plain

ここら辺は廃線のトンネルがもはや整備されていない。
f:id:knj4484:20170624152817j:plain
心霊スポットになってもおかしくない雰囲気がある。

標高も上がって来て800mとな。
f:id:knj4484:20170624153623j:plain

この先急カーブ注意の標識が出て、本当にヘアピンをもっと曲げたようなカーブだった。
f:id:knj4484:20170624154438j:plain

クネクネ曲がりながら少しずつ登って行く。曲がるたびに遠回りだ。徒歩用のショートカットとか階段を作ってくれ、頼む。

途中で喉が渇いて来たので左によけて休憩がてらお茶を飲んで味付け煮卵パンを食べた。一番人気らしいけど、そこまでかなという感想。あんまりのんびりしているわけには行かない。

途中の山のど真ん中に養蜂箱があって、よくこんな所でと思うと同時に、その脇の水の流れも整備してあってすごいなーと思った。

だんだん足も疲れてきた。峠まで何キロという標識がだいたい1キロごとに出てくるので、今まで歩いた距離とカーブ番号から峠のカーブ番号を予想してみた。
f:id:knj4484:20170624155620j:plain
カーブ番号が峠まで残り何個と数えてモチベーションを保つ。

標高もとうとう900mを超えた。えんやこら。
f:id:knj4484:20170624160135j:plain

峠に着いたら休憩しよう。はぁはぁ。

峠の予測カーブ番号まで残り10の所ぐらいから右の山側の崖の角度がエグい。
f:id:knj4484:20170624161721j:plain
90度超えちゃったりしている。

峠を予測したカーブ番号は外れてしまった。仕方ないので、マイナス1、マイナス2と数えていると、峠の看板が見えた。
f:id:knj4484:20170624162625j:plain
着いた!

景色も見晴らしは良くないけど遠くまで見えて素晴らしい。すごく達成感があった。
f:id:knj4484:20170624162656j:plain

休憩しようと思ってたけど興奮して休憩が要らなくなってた。

とうとう軽井沢

峠から下りになってすぐに軽井沢の標識が出た。
f:id:knj4484:20170624162923j:plain
今までと全く景色が違う。視界が開けてる。なんとなく駅まで見えてる。鳥の鳴き声も近くに聞こえる。軽井沢すごい!

高級感のある建物と逆側のコスパを追求した建物があり、対比がすごい。

駅までは静かな住宅街。アパホテルがあったけど、都内のアパホテルとは雰囲気が全然違う。

駅に到着してとりあえずトイレに入った。帰りは高速バスでに決めて西武バスに予約の電話をしておいた。アイスを自販機で買おうとしてやめた。スマホで夕飯の場所を調べて焼き鳥か酢重のどちらかに行くことにした。タクシーはやめて食後にペンションまでタクシーに乗る作戦にした。駅前の道の作りがヨーロッパっぽいと思った。詰物屋とかドイツ料理屋が目立つ。

ジェラート屋さん

途中でかわいいジェラート屋さんに入った。さっき自販機でアイス買わなくてよかった。
f:id:knj4484:20170624174123j:plain

ダブルにして一種類目にピスタチオを選ぶと、店員さん曰く一番人気とのことで、第2位を当てるゲームにしてみた。
f:id:knj4484:20170624173245j:plain
ダークチェリーかヘーゼルナッツか迷って、ダークチェリーを選んだ。店員さん曰く、ダークチェリーが何位かは分からないけど二番人気はヘーゼルナッツとのこと。どこからいらしたんですかと聞かれて横川から歩いてきたと言ったらすごくびっくりしていた。

この店は、イタリアのジェラートコンテストでピスタチオ部門の賞を取った人がやっているお店だそうだ。道理でピスタチオが一番人気な訳だ。
f:id:knj4484:20170624173359j:plain
普段はアイスを食べるとすぐに頭痛がするので食べないけどここのは冷た過ぎず美味しく食べれたので、軽井沢に次回来る時も是非食べたい。

そんなこんなで夕飯を食べて、予約しておいたペンションに泊まって就寝した。

帰り

一夜明けて、姉の結婚式のあった軽井沢高原教会を見に行って、バスで帰った。
f:id:knj4484:20170625134924j:plain

途中で昨日下から見た吊り橋を通れて良かった。上から見てもかっこいいなぁ。
f:id:knj4484:20170625143320j:plain

あとがき

気軽に行ったけど、思いがけない達成感が味わえて良かった。いつか旧碓氷峠も行ってみたい。


最近の東京電力株主総会はどうなっているか


目次

  • 会場周辺
  • 参加者数
  • 議案
  • 質疑応答ハイライト



会場周辺

f:id:knj4484:20170623092757j:plain
f:id:knj4484:20170623092909j:plain
f:id:knj4484:20170623092949j:plain

  • 反原発の横断幕を掲げている人が多い
  • 原発の代替となるビジネスの売り込みをしている人もいる
  • テレビ局の取材も声をかけられる

会場内

  • 入り口で手荷物検査を受ける。若いお姉さんがカバンの中をすごく簡単に見てOKとのこと。
  • 紙パックのお茶が無料で提供されている

参加者数

  • かつてのように満席ということはない。バレーボールのコート分ぐらいの席が埋まる程度の人数

議案と補足説明メモ


下記リンクの第93回定時株主総会開催ご通知に議案が全て記載されている。
http://www.tepco.co.jp/about/ir/stockinfo/pdf/170529_1-j.pdf

2号議案

幕末の大津波の話 稲むらの火 原発再稼働 希望の日になる 拍手 プロメテウスの火の話 神々の火を
人間に分け与えた。 脱原発には過激派が混じっている。 過激派に屈しないように原子力の火を灯そう。

ヤジが多少とぶ。

3号

株主はなぜ投資しているか。財務を果然するには原発を動かすしかない。配当を出すために私たちが役員になる。
日立や三菱にも
投資家なら原発に反対するな。日本経済を壊す気か。
原子力工学を学ぶ学生も減っている。
原発を動かしてもらいたい。

議長「三分きっちりで本当にありがとうございます」

4

過激派ではない。経営を立て直すために大胆な提案をしたい。
東芝は資産売却したが東電はしていない。送配電網を売却したい。
3倍の値段がつく。売却すれば賠償も終わる可能性がある。

軽く拍手が起こる

5

企業が社会に存在する理由は?
柏崎は利益を生んでいない。経営陣はギャンブル依存。
再稼働は不可能。テロリストの標的。廃炉を当然。
儲からないことはやめよう。

扇動的な口調。

6

廃炉のための研究施設とする。
世界から研究者を呼び込む。技術輸出もできる。

女性からのとても落ち着いた説明。

7

監査を健全化するための提案。
改ざんや隠蔽があった。監査が役目を果たしていない。報告だけではわからない。

落ち着いた感じ、ちょっと皮肉交じり、悲しげな口調。

8

落ち着いた説明。

壇上の経営陣はシーンとしているが、メモを取ったり聞き入っているとかはない。

9

平和主義者です。
原発を保有する以上、住民の

女性のちょっと緊張の感じられる説明。叙情的な説明。

メモが追いつかない。すみません。

10

放射能は危険という記述はなかったのか。欠陥品の辞書。
加害者なのに上から目線。
チェルノブイリでは

共謀罪に引っかからない一般人の女性。
拍手が起きる。

11

福島の子供の保養に携わっている。公務員でも気遣いをしなければいけない。
去年の総会で

年配と思われる女性。ちょっと早口で棒読みで始まったが、後半は涙ながらの説明。

(議長は機械的に進めていく)

12

若い女性の落ち着いた説得力のある説明。

質疑応答ハイライト

事前質問

膨大な数の事前質問が来ていて、会場の株主の興味にも合いそうなもののみ答えるが、20分かかる。

# 回答が早すぎてメモできない。

会場からの質問

一人三分以内で二問まで。

*** 1

  • 柏崎刈羽について。評判が悪い。再稼働の収益。
  • デブリの問題について。

議長「私から一言言わせてもらいたい。22兆円は未曾有の数字。無理は承知だが何年かかろうとも挑戦しなければいけない。」

強い信念が感じられた。

*** 2

どうぎ。役員候補から二人を削除したい。

  • 一人(富山)はかつて株主価値を下げることをした。
  • もう一人(西山)はビジョンが全然見えない

議長「どうぎではない」

あとがき

世の中には原発を再稼働したい人もいるし、原発を廃止したい人もいる。どちらかが完全に正しいということは言えないと思うが、経営陣は本当に腹を据えて経営に取り組んでおり、どんな批判にも耐える覚悟を持って経営再建や補償に取り組んでいるんだと感じ取れた。いずれにしても、株主が総会で議案を出したところで東京電力の経営を変えることはできないと分かった。否決されるのが分かっている議案を出す人たちの情熱を全て結集して新しい電力会社を設立する方が有意義なんではないだろうかとも思えた。

おすすめ記事







ヤフー株主総会2017参加レポート【お土産画像あり】



今年もヤフーの株主総会に行って来ました。
f:id:knj4484:20170621064846j:plain

地下鉄有楽町駅からD5出口を目指しました。
f:id:knj4484:20170620091329j:plain

D5出口から国際フォーラムは直結しているので便利ですね。
f:id:knj4484:20170620091931j:plain

受付で議決権の票を渡して、入場票(整理番号ストラップ)とお土産の袋を頂きました。
f:id:knj4484:20170621064929j:plain

あと、今年は質疑の時間に質問した人を当てやすくするためのカードももらいました。
f:id:knj4484:20170621064731j:plain

会場では、例年通り、コーヒーとほうじ茶、ウーロン茶が飲み放題です。

お土産

お土産の中身を確認してみると、ヤフーのキャラクターけんさく&えんじんのスマホスタンドでした。
about.yahoo.co.jp

前面
f:id:knj4484:20170621065133j:plain

側面
f:id:knj4484:20170621065217j:plain

背面
f:id:knj4484:20170621065242j:plain

かわいい。

総会内容

アジェンダ

  • 井上さんの逝去の報告
  • 監査の報告
  • 事業報告のビデオ上映
  • 決議事項の説明
  • 成長戦略の説明
    • 法王選任の時のバチカンの写真。8年間でスマホのない世界からスマホの世界に様変わりした
    • スマホでの利用者の89%にリーチしている
    • 新しい挑戦、コマース、ビッグデータ
    • 株主還元 維持
  • 質疑(下記参照)
  • 議案の承認
  • 新任の取締役の紹介



質疑ハイライト

  • 知恵袋に関する質問(というか苦情)。質問がくだらない。「パンツを電車に忘れたけど、どうすればいいか」という質問があったがパンツを忘れるわけない
    • (爆笑していて答えをメモできていない)
  • AIスピーカー
    • ヤフーコンシェルジュの提案。高齢者向け → まだ言えない。ヤフーのミッションはすべての人にインターネットを届ける。
    • (この質問をした人が入場票の番号を「出席番号」と行っていたのが学校みたいだなーと思って少しおかしかった)
  • 株価は下がってる。隠してる欠点は?
    • → 大事なのは継続的な事業の展開。コマースとデータで一番になる。正直がモットーなので、隠していることはない。
  • 個人情報保護の取り組みについて
    • → 暗号化している。侵入されても検知する仕組みを作っている。四重の守り。セキュリティボードという専任チームを置いている。
  • 昔井上さんに質問した海外戦略について。井上さんには日本だけと言われた。その後の変化は?
    • → 日本に全力を費やす。海外のことを取り入れる。アリババの戦略を取り入れる。輸入側の戦略。グローバルの人材を増やす。海外で事業するノウハウを蓄積して行く。
  • ヤフーマネー。使えない店があり、使いにくい。
    • → 大きな戦略的なサービス。今は貯める人を増やしている。金融商品とかに使えるようにする。
  • 株価対策は?業績は順調なのになぜ下がる?昔は分割してたが今は勢いがない。一部になってからずっと含み損。配当金は大したことない。含み益が一番大事、安心。具体的な株価が上がる対策にお金をかけて欲しい。年に一度でも上場来高値を付けるようにして欲しい。
    • → 去年の業績を超えるのが前提。期待値を超えるのが心の中のベンチマーク。これからも頑張る。
  • イーコマースが、老舗すぎて、勢いとかフレッシュさがない。ソフトバンクホークスはフレッシュなのに。
    • → インターネットの中では老舗。老舗の良さは活かす。イーコマースはチャレンジしようと思う。
  • 全部賛成。孫さんがいればいい。恒例の孫さんの話5分間をお願いしたい。トランプどういう人?
    • →(孫さん) 風邪を引いている。政治については中立。投資は世界に影響を与える。逆も然り。どの国が伸びるかが投資の基準。最近は中東のニュースも見る。すべての国でインターネットの重要性が増している。中国は日米を超えてる点もある。途上国でもスマホでタイムマシンの効果が出ている。事業展開の機会が増えている。AI。交通、医療。
  • 提案。ソフトバンクの方が成長率が高い、ダイナミックな成長戦略。ヤフーばダイナミックでない。インフラの民営化。ソフトバンクインフラで子会社化してみては?シーチャンネルとかCCCとかを買収してみては?
      • (宮坂さん)オープンな場では話しにくい。検討はしている。ヤフーの検討には孫さんも入っている。
    • (孫さん)ソフトバンクは時々無茶だと言われるがまだ続けて行きたい。
  • トピックス。押した時に中身が違う。質を上げて欲しい。
    • → 機械に頼らず人間がやっている。臨機応変。エディトリアルボードで掲載のクオリティを保つようにしている。社外にもアドバイスを求めている。お手本になるように頑張る。
  • 問い合わせがメールしかない。高齢者はメールだと顔が見えないので、電話対応もお願いしたい。
    • → まずは使いやすいサービス。電話は検討したがユーザーが多すぎて難しい。AIで音声の返答はできるかもしれない。

あとがき

バチカンの8年の差を見て個人的に思ったことは、スマホが普及したからスマホ戦略が正しかったということよりも、スマホが普及して家でもリアルタイムで法王選任のニュースを動画で観れるのに、もっと言えばテレビができた当時でももう家でニュース見れば良いにもかかわらず、もっとずっと以前からあんなにたくさんの人を現地に集めることのできるキリスト教という組織が人々の生活に根付いていることに畏敬の念を禁じ得ないということでした。

おすすめ記事







DUNS Numberを東京商工リサーチで取得してAppleの法人アカウントを作った



App Storeに法人としてアプリを出したいと思い法人の登記は済ませた。
xavier.hateblo.jp

いよいよ本題のアプリを法人として出すため、法人アカウントを作るべく続きの手続きをやった。

目次

  • DUNS Number取得
  • 東京商工リサーチでのDUNS Number登録代行
  • Apple Developer Programへの法人としての登録
  • Appleの法人審査
  • まとめ



DUNS Number取得

法人アカウントを作るためには、法人登記をした上でDUNS Numberというのを入手する必要がある。

ネット上を調べた限りでは、日本でDUNS Numberを取得するには主に二つの方法があり、一つは、Apple Developer Programの法人アカウント登録の途中でApple Developer Programのページから法人情報を登録する方法、もう一つは、東京商工リサーチに登録を代行してもらう方法だ。
Appleのページから登録する方法はすこぶる評判が悪いので、東京商工リサーチに代行してもらおうと思ったが、Web上には実際に代行をしてもらったという具体的な例は一つしか見つけられなかった。これはどっちが茨の道になるのか実際には分からないが、人柱として頑張ってみようと思った。

東京商工リサーチでのDUNS Number登録代行

東京商工リサーチのサイトには、他の人が登録している場合もあるからまずは検索してみろと書かれている。作ったばかりの会社なので登録されているわけはないが、一応検索してみた。

用途・目的から探す : 東京商工リサーチ

思った通り登録はされていないので、予定通り登録の手続きを行おう。

Duns Number Search


スタンダードサービスの「お申し込みはこちらをクリック」ボタンをクリックする。

入力項目は下記の通りでとても多く、げんなりしてしまったが、よくみてみると、必須項目(太字)がそれほど多くなかったのがせめてもの救いだった。面倒なので必須項目しか入力していないことにした。

  • D-U-N-S® Number発行対象企業
    • 正式会社名称
      • (日本語)
      • (英語)
    • 本支店区分
      • 発行対象企業は本社である #=> 選択した
      • 発行対象企業は本社以外の事業所(支店、工場など)である
    • 本社住所 (ビル名・フロア階数まで記入願います)
    • 通称/ブランド名
      • (日本語)
      • (英語)
    • 通称/ブランド名
      • (日本語)
      • (英語)
    • 旧社名
      • (日本語)
      • (英語)
    • 現社名変更年月日
    • 現住所(ビル名・フロア階数まで記入願います) #=> 算用数字は全角で入力した
    • 旧住所
    • 現住所への移転日
    • TEL(代表) #=> 自分ちの固定電話を記入した(携帯番号は入力できない)
    • FAX(代表) #=> 自分ちの固定電話を記入した
    • 代表者氏名
      • (英語表記) Taro Yamada的な記入をした
    • 代表者役職名
    • 業種
      • 製造業 | 卸売業 | 小売業 | サービス業 | その他 #=> サービス業を選択
      • 営業品目 #=> 「ソフトウェア」と記入した
    • 輸出
      • 有 | 無 #=> 海外でも配信されるけど多分そういう意味ではないので、無を選択した
    • 輸入
      • 有 | 無
    • 従業員数 #=> 自分一人だけの会社だけど自分は従業員ではないので0を記入した
    • 従業員数(当該事業所)
    • 親会社(50%超の支配権(議決権、所有権)を保有する法人)の有無
      • 有 | 無 #=> 無を選択した
  • 親会社情報
    • 親会社名(日本語)
    • 親会社住所 (ビル名・フロア階数まで記入願います)
  • 申請者
    • 貴社名 #=> 勝手に補完されてた
    • 住所 #=> 勝手に補完されてた
    • 部署名/役職名 #=> 「社長」と記入した(代表社員と書くべきだったと思う)
    • 氏名
    • TEL #=> 勝手に補完されてた
    • e-mail #=> gmailのアドレスを記入した
    • ご利用目的
      • Ariba Supplier Network
      • RosettaNet | 取引先からの要望 | 取引先名 | データ整備のため | その他の目的 #=> その他の目的を選択した上でテキスト欄に「Apple Developer Programに法人として参加する」と記入した
  • オプション
    • D-U-N-S® Number 証明書発行希望(\7,560)
      • する/しない #=> しない
    • D-U-N-S® Number エクスプレスサービス希望(\10,800)
      • する/しない #=> しない

入力中に迷ったところは

  • 「住所」の算用数字は全角で入力した。
  • 「業種」はサービス業を選択し、「営業品目」に「ソフトウェア」と記入した
  • 「部署名/役職名」は「社長」と入力した。今考えてみると「代表社員」と書くべきだったような気がする
  • 「従業員数」は、自分一人だけの会社だけど自分は従業員ではないので「0」を記入した。
  • FAXが必須とか今時無理なんではないだろうか。とりあえず電話番号。
  • 「輸出」は、アプリが海外でも配信されるけど多分そういう意味ではないので、「無」を選択した
  • 「TEL(代表)」は、携帯電話番号は入力文字数制限に引っかかってしまい入力できない。ただし、あとで聞いてみると携帯電話番号での登録も可能とのこと。システムなんとかして欲しい


一通り入力し、一番下の「確認」ボタンを押す

と、入力にエラーがあったせいか確認画面ではなくログインページに飛ばされた!全て入力し直しになってしまった。

気を取り直して全部入力し直し、内容を確認して「登録」ボタンを押す(修正する場合はブラウザの戻るボタン)。

「請求書の印刷はこちらから」ボタンを押す。

「DUNS Number申請を受け付けました」という件名のメールが届いた。
振込先情報と登記簿謄本の送り先FAX番号が記されていたので、その日のうちに振り込みとFAX送信をしておいた。

これで三日待てばDUNS Numberが取得できているはずだった。

ところが、三日目の夕方6時ごろに入力の不備があるとのメールが来ていた。そんなバカな。
不備のあった項目の追加の情報をメールで伝えておいた。

「Fw: [Duns Number Search] DUNS登録申請」という件名のメールが届いた。添付されたPDFに、代行業務の本質的な部分であるDUNS Numberや英語での会社名、住所が記載されている。

一部抜粋

尚、アップル社が確認している先へ今回ご案内した内容が
反映されるまでに必要な日数及び実際に反映されたかどうかにつきましては
直接アップル社へお尋ね頂きますことご了承下さいますようお願い申し上げます。

四日で法人アカウント作れると思ったんだが、そうではないようだ。

カタカナで検索してみると、弊社「合同会社○○」は出て来ないが「株式会社○○」などは出て来る。
入力ミスかいなと思って以下の内容のメールを送ってみた。

D-U-N-S(R)Numberは分かりましたが、
D-U-N-S Number検索 https://duns-number-jp.dnb.com/search/jpn/find_jpn.asp
で検索しても出てきません。
また、dun&bradstreetでの検索
http://www.dnb.com/duns-number/lookup.html
で検索しても出てきません。

Apple社へのデータ反映に時間がかかるのは仕方ないとは思うのですが、
上記二つで検索できるようになるためにも日数がかかるものなのでしょうか?

返事には、法人格を抜いて検索してほしいこと、自社サイト以外での検索に関しては何も情報を持ち合わせていないことが書かれていた。「いやいや、法人格は抜いて検索しとるがな」とツッコミを入れつつ、試しに漢字で検索すると確かに出て来る。検索方法がまずかったようだ。ただし、カタカナでの検索はやはりダメで、これは謎だがAppleの法人アカウントには関係ないことなので目をつぶることにした。

Apple Developer Programへの法人としての登録

そもそもの目的のApple Developer Programへの法人としての登録に進む。

  • Apple Developer Program - Apple Developerのページの「Enrolle」ボタンをクリック。
  • 説明を読んで「Start Your Enrollment」をクリックする
  • 「Entity Type」で「Company / Organization」を選んで、「Continue」をクリックする
  • Legal Entity Name: PDFに書かれていたもの
  • D-U-N-S Number: PDFに書かれていたもの
  • Website: PDFには書かれていないが、申し込み時に書いたもの
  • Headquarters Phone:
  • Your Work Email:

ただ、ここで下記のエラーが出てしまいgmailのアドレスが使えない。ヤフーメールもダメ。

Enter a valid email address that uses your organization’s domain name.

仕方ないので、t.vodafone.ne.jpのアドレスを入れてみると、これはおk!

しかし、なぜかD-U-N-S NumberもLegal Entity Nameもあってるはずなのに

The information you entered did not match your D&B profile. Before submitting your information, look up your D&B profile.

というエラーが出てしまいSubmitボタンを押しても次に進めない。うーん、やっぱり日数がかかるのかなぁ。

次の日にもう一度やってみてもダメ。二日後も三日後もダメ。一週間経ってもダメ。これはさすがに何かの手違いだろと苛立ちを覚え始めた。

9日目に「これでダメだったらメールで問い合わせよう」と思って試してみたら出来た!

D&Bのサイトで検索しても未だに出て来ないのは謎だけど、Appleの確認画面では東京商工リサーチから来たメールに添付されている通りの住所などが表示されていたので、

This is the correct headquarters address for my organization.

というチェックボックスにチェックを入れてSubmitボタンを押した。

すると、なんということでしょう。

Your enrollment is being processed.
Enrollment ID: 8RTLTHFX7P
Once we verify your authority to sign legal agreements, we'll email you with instructions on how to complete your enrollment. In the meantime, sign in to your account to track your enrollment status.

「法的な契約をするあなたの権限を私たちが検証出来たら、メールでこの続きのやり方を教えるよ」とのこと。権限はどうやって確認するんだろうか。

Appleの法人審査

電話がかかって来ても自分は出れないだろうから母親には、Appleから「こういう内容であなたの会社の人が申請を行ったんだが待ちがないか?」という電話が来るかもしれないから「それで間違いない」と答えておいてもらうように頼んでおいた。

数時間後に自宅の方にAppleから電話があったと母親から連絡が来た。Appleめちゃ速い。本人が出てくれないとダメらしい。まあ考えてみればそりゃそうか。電話番号の存在だけでなく、法人の代表社員に繋がり本人がOKと言わなければ勝手に法人アカウント作ってはダメだろう。この日は、あいにく、会社員としての勤務時間のため電話には出られなかった。しかも金曜日だったので、週明けかなと思いドキドキしながら寝た。

母親曰く、連絡を取るのは9時から5時の間とのこと、ダメ元に日曜に電話してみたが、予想通り録音されたメッセージで営業時間外であることが告げられて繋がらなかった。

月曜日の朝9:10に自分から電話してみた。氏名とAppleアカウントを使えると「これで審査は終わりです」とのこと。これで一安心。

なぜか電話を切った直後に、もう一度Appleの別の人から電話があり同じプロセスを辿ったが、これが俗にいう連絡に行き違いというものだろう。

法人の代表者と申請者が同じ場合は、本人が電話に出るだけで審査は完了らしい。

電話で教えらてもらった今後の流れのポイントは、

  • 英文のメールが来る
  • Programの購入は、Safariで行うことをオススメ
  • Wで始まる注文番号のメールが届く
  • 注文成立のメールから24時間以内に法人アカウントが利用可能になる

はやる気持ちで、メールが来るのを待たずにDeveloperサイトにログインして見たら、すでにProgmramの購入ができた。しばらくすると、「Welcome to the Apple Developer Program」というメールが来ていた。数時間後にApple Developerのサイトを見てみると、アカウントの下に法人名が表示されていたので、これで完了と一安心!

まとめ

  • 東京商工リサーチに頼んでも別に速くないし、そこそこ面倒臭い
  • Appleの法人の審査は単なる本人確認でしかない

あとがき

あとは、銀行の法人口座を作って、アプリの売り上げが振り込まれるようにしたい。


20年を経て二日後の筋肉痛になる散策



大型連休に実家に帰省して、本棚を見てみるとこの本があった。

日帰りウォーキング 名古屋・東海 (大人の遠足BOOK)

日帰りウォーキング 名古屋・東海 (大人の遠足BOOK)

大人になって自分であちこち出かけるようになったのは東京に住み始めてからなので、たまには実家の周りを散策するのも良いだろうと思い、パラパラとページをめくってみる。
面白そうなところがまとめられているが、瑞浪という地名を見て、20年ぐらい前の子供の頃に何回かスケートに行ったことを思い出した。地名はよく知っているのに、どんな所なのかは全然知らなかった。

見所も自分の興味を引くものがあったので、瑞浪に行ってみることにした。

瑞浪駅

瑞浪駅に着いた。
f:id:knj4484:20170505094615j:plain
残念ながら今日は祝日で、散策コースのスタート地点までのバスは運休なので、タクシーに乗った。タクシーは町並みを離れ、どんどん山を登って行く。タクシーの運転手さん曰く、新緑の今が一番いい季節なんだそう。

散策コースのスタート地点

駅からここまでタクシー3570円。これは痛いなと思ったが後の祭り。この分楽しもう。

この散策コースは中山道だ。
f:id:knj4484:20170505101133j:plain

大黒屋〜

ウォーキングマップありますと書いてあるけど、誰もいないし諦めて先に進もう。
f:id:knj4484:20170505100901j:plain

公民館も大きくて立派だ。
f:id:knj4484:20170505101034j:plain

理容室も趣がある。
f:id:knj4484:20170505101247j:plain
古民家カフェが流行るように、古民家バーバーだってそのうち流行るかもしれない。

何も知らなければだだの道に見えてしまうけど、歩行者用の標識があってやはりここは歴史のある街道なんだと分かる。
f:id:knj4484:20170505101405j:plain

道が分岐して一瞬どっちに行けばいいか分からなくなる。
f:id:knj4484:20170505101952j:plain
「YZってなんだろう。紛らわしいな」と思ったけど、よくみると看板にうっすらと矢印が書かれている。よかった

なんらかの塔
f:id:knj4484:20170505102718j:plain
f:id:knj4484:20170505102916j:plain
とても目立つ

サーキット東コース入口が見えて来た。
f:id:knj4484:20170505103419j:plain
この辺りからエンジンの爆音とタイヤがアスファルトを切りつける音が聞こえ始める。

一里塚

f:id:knj4484:20170505103506j:plain
デカい。一里塚ってあんまり見たことないけど、こういうものなのか。

突然の売り物件でびっくりした。
f:id:knj4484:20170505104405j:plain
こんな周りに何もなさそうなところの一画が売れるのかなと思った

別荘のような小洒落た家もあったり他の売地があったりして、納得が行った。
f:id:knj4484:20170505104935j:plain

弁財天池

f:id:knj4484:20170505105532j:plain
静かな池。誰もいないこの風景に。この横に休憩所がありお茶を飲んで休憩した。

しばらく行くと突然、巨大な建造物が姿を現した。
f:id:knj4484:20170505111337j:plain
ここだけ周りの風景に溶け込まない異様な雰囲気が感じられた。入口の看板には養鶏場らしきことが書かれていた気がする。

天神辻の地蔵

f:id:knj4484:20170505111536j:plain
どこが辻なのかは全く分からなかった。

一つ屋茶屋跡

f:id:knj4484:20170505112002j:plain
標識がなければ何があったのか全く分からない。

警察犬訓練所

f:id:knj4484:20170505112442j:plain
なんか施設があるなーと思って近づいて行くと犬がワンワン吠え始める。犬怖いと思ったら警察犬訓練所だ。犬ちゃんと訓練されていて素晴らしい。

警察犬訓練所向かいの施設
f:id:knj4484:20170505112457j:plain
Openと看板が出ているが、戸が全部しまっているし、全くもって営業している気配がない。

開けた土地が見えて来た。
f:id:knj4484:20170505113131j:plain

今まで分岐は何回かあったけど、初めて他の道路が交わった気がする。
f:id:knj4484:20170505114442j:plain

農作業をしていたおじさんが声をかけてくれて、後150mで峠だよと教えてくれた。

道端の岩がデカい。この時はこれでデカイと思ってた。
f:id:knj4484:20170505115842j:plain

石畳

f:id:knj4484:20170505120059j:plain
山の奥深くに作られたにしては立派過ぎる石畳。
f:id:knj4484:20170505120111j:plain
水の流れも石でしっかり作ってある。一体どれだけの労力をかけてこれを作り上げたんだろうか。

前方に新たな一里塚が見えて来た。これも大きい。
f:id:knj4484:20170505121008j:plain

険しい道にも石畳が作られていて感動した。

琵琶峠の手前で見晴らしヶ丘の方に逸れてみたが、木が生い茂ってしまっていて眺望はなかった。残念。
ちなみに、この散策で見晴らし○○という場所に何回か出くわしたけど、どこも一切見晴らしは良くない。

下り側は石の敷き詰め方が違っていて、上面の平坦を保つように敷かれている。見事。
f:id:knj4484:20170505121952j:plain

苔むした石畳と木漏れ日の暖かい休憩所
f:id:knj4484:20170505122424j:plain

琵琶峠の東上り口に到着して石畳はおしまい。
f:id:knj4484:20170505122817j:plain
見事な道だった。ここまですごいとは思わなかった。


二つ岩

f:id:knj4484:20170505123332j:plain
道の傍に、さっきでかいと思った岩よりさらにデッカい石があってすごいんだけど、純粋に大きさだけならこの手前にもっと大きい壁のような岩があった。

高札場跡

f:id:knj4484:20170505124220j:plain
今で言う掲示板。これが江戸時代から残ったままならよくここまで良い状態で保存できたなぁと思う。

山車蔵

f:id:knj4484:20170505124443j:plain
デカいすなー。

神明神社の大杉

杉がめちゃめちゃ太い。
f:id:knj4484:20170505124917j:plain
思わず「ふとっ!」って声を出してしまった。樹齢1300年だそうだ。何とかこの太さが伝わるように写真の構図を色々試してみたが、どうしてもこのインパクトを一枚の写真に収め切れない。この杉でさえこんなに感動するのだから、いつかは屋久杉を見に行って見たいものだ。
f:id:knj4484:20170505124700j:plain

大湫宿脇本陣

f:id:knj4484:20170505125046j:plain
大名や公卿が泊まるところ。見事な門構えと広々とした贅沢な空間の使い方だ。

少し行ったところの机と椅子のある休憩所。ここでしばしおやつを食べてのんびりとしよう。
f:id:knj4484:20170505125320j:plain

さて、ここから中山道で一路山を下って行く。川沿いの道路をどんどん降りて行くと途中でヘアピンカーブがあり、小さな滝が見れた。
f:id:knj4484:20170505131652j:plain
f:id:knj4484:20170507151906g:plain
足は疲れが出始めているが、こういうう景色が楽しめるのは歩きならでは。

さらに下りて行くと、分かれ道がある。
f:id:knj4484:20170505132548j:plain
竜吟湖への入り口だ。予定していたコースと違うけど、まだ時間も早いのでこちらも見ていこう。

しばらくはアスファルトで舗装された狭い車道を進むことになる。自動車とすれ違うときは、お互いに気を使うぐらい狭い。

こもれびの小径が竜吟湖へつながる道と見当をつけて入って行った。
f:id:knj4484:20170505132949j:plain
f:id:knj4484:20170505133158j:plain

こもれびの小径は気持ちのいい道だが程なくして終わってしまった。
f:id:knj4484:20170505133601j:plain
つながっている道は妙に人工的な遊歩道だ。地図で確認すると登り方向が竜吟湖への道だと分かった。

しばらくするとトイレがあったので用を足しておいた。

トイレから少し行くと湖面が見えて来た。
f:id:knj4484:20170505134150j:plain
風景が綺麗だ。サーキットの轟音が湖の向こうから響く。

階段の上にある展望台のような所から湖を見てみよう。
f:id:knj4484:20170505134155j:plain
この岩もかなりの大きさだ。

中洲にテントを張ってあるのが見える。
f:id:knj4484:20170505134257j:plain
気持ち良さそうだ。

展望台にある岩が地面に埋まってなくてグラグラしそう。
f:id:knj4484:20170505134434j:plain
ここにずっと乗っかってるのが不思議なぐらい安定感が感じられない。

先ほどの妙に人工的な遊歩道まで戻り、下って行くことにした。

川のせせらぎのそばを歩くのは気持ちいい。

舗装はなくなり、山道になった。
f:id:knj4484:20170505135218j:plain

滝がある所ではこのような標識がある。
f:id:knj4484:20170505140807j:plain
しばらく行くとかっこいい橋が見えて来た。橋からは川の流れがよく見えて楽しそうだ。
f:id:knj4484:20170505140921j:plain
橋を分かってみると、床がたわんで少し怖い。
f:id:knj4484:20170505140945j:plain
橋からの眺めはやはり素晴らしい。
f:id:knj4484:20170505141015j:plain

橋を渡った後は急に舗装や手すりが綺麗に作られている。
f:id:knj4484:20170505141052j:plain

しばらく行くと観光案内のロッジに着いた。
f:id:knj4484:20170505141222j:plain
ここではなんとボルダリングまで出来てしまう。
f:id:knj4484:20170505141345j:plain
ボルダリングやりたいんだけど、もう足は疲労が結構来てるので次回の楽しみに取っておくことにした。

管内の展示で、一際目を引くのが流木で作られた竜。
f:id:knj4484:20170505141413j:plain
雰囲気出てる。

蜂の巣もデッカい!
f:id:knj4484:20170505141444j:plain

このロッジから川に降りたところに今まで見たのより大きな滝がある。
f:id:knj4484:20170507155233g:plain
滝の下まで行くと涼しくて気持ちがよかった。

駐車場に向かう道でポケモンを思い起こさせる球体がある。
f:id:knj4484:20170505142344j:plain
遺跡を発見したような気分になる。

ここからは見通しの良い道になった。のどかだなぁ。
f:id:knj4484:20170505142640j:plain

中央道の下をくぐる。
f:id:knj4484:20170505143003j:plain

駐車場には玉に乗った竜がいる。かっこいいなぁ。
f:id:knj4484:20170505143415j:plain

釜戸駅

f:id:knj4484:20170505144736j:plain
釜戸駅に着いて、この散歩はおしまい。

あとがき

20年前ぐらいにスケートリンクに行った瑞浪。スケートしすぎて次の日の体育では脚が筋肉痛で動けなかったっけ。そのスケートリンクはなくなってしまったみたいだけど、再び脚が筋肉痛になるぐらい歩き、当時と変わらず楽しく時を過ごさせてくれた瑞浪。次はサーキットや化石博物館にも行って見たいと思った。


初めてでも4時間半で会社設立(法人登記)できた



先日、サラリーマンの仕事のかたわら個人で三ヶ月かけて開発したアプリをやっとApp Storeに出すことができた。初めて世に出したアプリがヒットしてくれれば嬉しい反面、App Storeに個人名が出てしまうのは少し怖い気がしていた。

法人を作って法人名でアプリを運営したいと思い、本屋に行っていくつか本を見てみると、どうやら合同会社というのを作るのであればそんなに手間ではないらしい。

最終的にこの「とりあえず会社を立ち上げたい人にオススメ」の本を購入して家に帰った。

LLC(合同会社)の設立・運営ができる本

LLC(合同会社)の設立・運営ができる本

読んでみると、なんとか自分でもできそうだ。

登記を行うのは当然ながら役所が開いている平日でなければならないが、勤務先が特別休暇で平日が休みの四月某日に登記を行うことにして、自分で手順をまとめてみた。

資本金を振り込む銀行口座と法人の登記に必要な印鑑を用意する必要があったが、銀行口座は社会人になった時に作ってほとんど活用していなかったものを流用することにし、印鑑は会社名を適当に考えて印鑑屋さんで「起業セット」と個人の実印を購入しておいた。

特別休暇当日、渋谷にやってきてとりあえず朝ごはんを食べた。

さあ、スタートだ。頑張っていこう。

10:15
まずは資本金の振り込みだ。渋谷駅出てすぐのみずほ銀行で振り込みを行おう。
f:id:knj4484:20170428101606j:plain

まだそんなに混んでいない。ラッキー。
ATMが空き、口座を一旦空っぽにしたいので、引き落としをしようとしたが、ATMが通帳を受け付けてくれない!やばい、早速困った。どうしよう。近くにいたみずほ銀行の人に聞いて見ると、カードがないとATMでの引き出しはできないが、届印を持って入れば二階の窓口で引き落とししてくれるとのこと。本当に空っぽにする必要があるか分からなかったが、幸いなことに届印は持っているので、まずは窓口で引き落としだ。

二階へ行って言われるがままに書類を記入し受付番号をもらってしばし待つ。五分かそこらで番号を呼ばれて、引き落としは無事完了。

預入は通帳だけでできることを確認して、もう一度ATMに並びに行くと混み始めている。
f:id:knj4484:20170428103205j:plain

自分のミスのせいだから仕方ない。今度はATMが通帳を受け付けてくれて、ちゃんと預入できた。ありがとう、ATM。

10:37
この後はコワーキングスペースで書類作成だ。渋谷のスクランブルを渡り、コワーキングスペースに向かおう。
f:id:knj4484:20170428103721j:plain

と、その前に通帳のコピーも要るんだった。先にコンビニに寄ってコピーしておくことにしよう。
f:id:knj4484:20170428104006j:plain

こんな感じでコピーすれば良いのだろうか。
f:id:knj4484:20170428104146j:plain

資本金の振り込みが記入されたページもコピーして、コピーは完了。

10:49
コワーキングスペースに着いた。
f:id:knj4484:20170428104919j:plain
利用料金の千円はちゃんと領収証をもらっておこう。

平日は空いてるなー。
f:id:knj4484:20170428105043j:plain

一番重要な書類である定款から取り掛かろう。ネットで検索すると、ありがたいことに定款のサンプルファイルが見つかった。
合同会社電子定款(社員1人)の雛形・サンプルと記載例

これをダウンロードして、Googleドキュメントでちょちょちょいっと修正して行こう。

定款の中でも特に重要なのが「目的」らしいが、この目的も業種別にサンプルをまとめてくれているサイトが見つかった。
定款目的.com|Webサービスの定款目的

社名を変更して、目的はこのサイトで業種を選んで似てるやつをコピーしておこう。

本店の所在地はひとまず自分の家、事業年度はサンプルのままでいいや。

不要な条項と章の記述を消して、条項の通し番号を付け直せば完成だ。

よし、プリントアウトしよう!コワーキングスペースはプリンターも使えるから便利だ。

11:24
できた。
f:id:knj4484:20170429160122j:plain
これをホチキスで閉じて、自分の実印で全ページの継ぎ目に割印と、最後のページの上部と記入者氏名の部分に捺印すれば、OKだ。

法務局に行って実印の登録と定款のチェックをしてもらいに行こう。

11:47
法務局ってNHKの目の前なんだな。
f:id:knj4484:20170428114713j:plain

窓口の案内を見てもよく分からないが、とりあえず申請ができる2番3番のカウンターで聞いてみよう。
f:id:knj4484:20170428114756j:plain

「すいません、実印の登録をしたいんですが」
「法人の実印登録ですか?」
「いえ、個人の」
「でしたら、ここではなく区役所ですね。渋谷区役所の場所なんですが」
(な、なんだってええぇえ?しまったああぁぁあ!目黒区民だから目黒区役所に行かなきゃ行けないじゃないか!!!)
「すみません。法人の登記のついでに実印の登録もしようと思ってきたのですが、目黒区民なので目黒区役所行って出直してきます」
めっちゃ恥ずかしい!そして何という時間のロス。本当に今日中に法人登記できるのか少し不安になってきた。

確実に実印登録できるのは中目黒の総合庁舎だろうが、めっちゃ混んでる可能性もあるし、その場で「目黒区 実印 登録」とスマホで検索して池尻大橋にある北部地区サービス事務所で実印登録できると判明。ありがとう、iPhone

12:01
となると田園都市線だ。
f:id:knj4484:20170428120126j:plain

急げ。
f:id:knj4484:20170428120221j:plain

急ぎすぎて急行に乗って池尻大橋を飛ばして三軒茶屋まで来てしまったあああぁあ
f:id:knj4484:20170428120710j:plain
一体何をやっているんだ、俺は。折り返し電車を待つのがもどかしい。はよ来い、はよ来い、はよ来い。


12:12
時間はロスしたがとうとう池尻大橋に来た。
f:id:knj4484:20170428121220j:plain

えっと何番出口?書かれてない・・・
f:id:knj4484:20170428121309j:plain

ええい、方角的にはこっちの出口のはずだ。
f:id:knj4484:20170428121412j:plain

外に出てから案内図を見てみると、あってる。よかった
f:id:knj4484:20170428121438j:plain

大橋ジャンクションすごいなー。って今は見とれてる場合ではない。
f:id:knj4484:20170428121647j:plain

入り口はここか。
f:id:knj4484:20170428121731j:plain
ってなんか遠いよ。

道路から普通に入って来たのにここが2階?よく分からない。それに北部地区サービスセンターは9階か。
f:id:knj4484:20170428121831j:plain

12:20
やっと着いた。
f:id:knj4484:20170428123217j:plain

窓口の人は丁寧に対応してくれて、これに記入をして持って来て下さいとのこと。これは簡単だ。
f:id:knj4484:20170428122008j:plain

記入を終えて窓口に持って行くと、左上の正方形の枠に登録する実印を押して下さいと言われた。向きも上をちゃんと上にして押して下さいと言われるが、買ったばかりだし普段見慣れている書体と全然違うんだから難しい。

ハンコ屋さんが押してくれてた見本の捺印と印鑑本体を見比べて試しに別紙に捺印して見てやっとできた。5分ぐらいかかった。もう疲れて来たよ。

登録している間に、交付申請を書いておくように言われたのだが、これも簡単でよかった。こんなところで消耗したくない。
f:id:knj4484:20170428122437j:plain

法人登記に何枚必要なのか分からないので聞いてみたんだが、区役所の人は法人登記に関しては何も答えてくれない。「1枚300円ですけどね」ってまあ他人事ですよね。もう一回ここに来ることになったら割に合わないので、2枚でお願いした。

12:31
色々あったが、実印登録が終わり証明書を交付してもらえた。早かった。区役所の職員さん、ありがとう!

目黒川はもう桜が咲いてないけど、新緑が鮮やかだなー。
f:id:knj4484:20170428123542j:plain
ってなごんでる場合じゃないな、今は。早く渋谷に戻ろう。
f:id:knj4484:20170428123659j:plain

今度はどれに乗っても渋谷には絶対に停まるから安心だ。
f:id:knj4484:20170428124152j:plain

やっと渋谷に戻って来た。
f:id:knj4484:20170428124542j:plain

12:54
小走りでコワーキングスペースに行って、ジンジャーエールでちょっとだけ休憩だ。
f:id:knj4484:20170428125448j:plain
このコワーキングスペースはドリンクも飲み放題だし本当にいいところ。

ちんたらしてる場合じゃない気がして来たから、残りの書類も作ってしまってまとめて、法務局で確認してもらおう。

出資金の払込証明書から作ろう。
検索したら、下記のページのサンプルが見つかった。
合同会社の設立に必要な書類のリストと作成手順【書類の雛形付き】 | inQup

これをちょいちょいっと書き換えて、完成。

続いて、設立登記申請書。これもサンプルがある。ネットは便利だな。

残るは、OCR用紙か。これは定款の切り貼りで簡単だ。

これもプリントアウトして、と

13:31
できたあああ!
f:id:knj4484:20170429163826j:plain
ここでホチキスで閉じたり印鑑押しても、作り直しになったら嫌だから法務局で内容を見てもらってからにしよう。


13:42
法務局に着いた。手前は税務署だ。
f:id:knj4484:20170428134206j:plain

窓口で法人登記したい旨伝えると、書類を提出してしまうと書き直したり出来なくなってしまうので隣の4番窓口で登記相談を受けるといいですよとのこと。

ここで相談窓口の受付番号票をもらって、
f:id:knj4484:20170428134432j:plain
相談内容を予めこの紙に書いておく。
f:id:knj4484:20170428134541j:plain

法務局はそんなに混んではいないね。
f:id:knj4484:20170428134634j:plain

ただ、この登記相談は一回の相談が20分までらしいんだけど、20分以上待って呼ばれた気がする。

相談スペースに入ってみると、ホチキスもクリップもある。わざわざホチキスを用意する必要なんてなかったんだ。

相談に乗ってくれた人はとてもいい人だった。今日中に登記申請を済ませてしまいたいですかと確認されて、書類をテキパキと順番に見て行ってくれる。

書類には何点か不備が見つかった。

まず、サンプルファイルで年月日が「○月○日」となっているところを直し忘れていた。これは恥ずかしい。
間違いを添削してもらって作り直して来るのかなと思っていたけど、その場でどんどん修正して行けばokだった。

あと、代表社員就任承諾書と代表社員及び資本金決定書が足りなかった。これらもその場で一から手書きで書いて完成させればokだった。ボールペンで書いた量はそんなには多くはないんだけど、普段の仕事がPCばかりなので後半は手が疲れてしまってうまく字が書けなかった。
f:id:knj4484:20170429165702j:plain

書類は一式揃って、代表社員の印鑑登録用紙に印鑑を押したんだけど、なぜか一部色が写らない。二回やってもダメ。印鑑が欠けちゃったのかな、せっかくここまで来たのに今日はもうダメかぁ…と一瞬思ったけど、職員さんが印鑑用ブラシを持って来てくれて、表面を綺麗にしてやり直したらうまく出来た。

職員さんがもう一度全体を確認してくれて、あとは収入印紙をここに貼って提出すればokとの趣旨のことを言ってくれた。職員さんは本当にいい人でちょっとだけ涙が出そうになった。職員さん、本当にありがとう!

印紙売場には少し列が出来ていた。
f:id:knj4484:20170428143551j:plain
しかしこれで最後だ。

14:38
6万円の印紙を買った。
f:id:knj4484:20170428143930j:plain
印紙は思っていたより小さい。

収入印紙を貼って、登記窓口の人に書類を渡し、少し待つと

14:45
とうとう登記申請が完了した!

時間は思ったよりかからなかったけど、色々なトラブルがあった。そういえば昼ごはんも食べてなかった。遅くなったけどおいしい昼ごはんを食べよう。

ずっと気になっていたVIRONというパン屋のサンドイッチを買って来て食べた。
f:id:knj4484:20170428151819j:plain

体はぐったりしているけど、これから何か楽しいことが起きるような予感で心は少しワクワクしている。

また明日からアプリ開発頑張ろう。

まとめ

  • 印鑑と銀行口座さえあれば、4時間半で会社は作れる
  • 完全な書類を自分だけで作り上げようとせず、だいたい完成というところで法務局に行った方が良い

おすすめ記事